祇園祭とは         


 祇園祭の起源は平安時代にさかのぼります。当時京は疫病を流行しており、それを鎮める為に朝廷が863年神泉苑で初の御霊会を行いました。
 
 しかし、それでも疫病の流行は鎮まることはありませんでした。そこで869年当時全国の国の数を表す66本の矛をト部日良麿が立て、その矛に諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓い、牛頭天王を祀り御霊会を行ったものが始まりであると考えられています。













祇園祭の成り立ち      



 祇園祭の起源は平安時代にさかのぼります。当時京は疫病を流行しており、それを鎮める為に朝廷が863年神泉苑で初の御霊会を行いました。

  しかし、それでも疫病の流行は鎮まることはありませんでした。そこで869年当時全国の国の数を表す66本の矛をト部日良麿が立て、その矛に諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓い、牛頭天王を祀り御霊会を行ったものが始まりであると考えられています。