道林禅師着付

 
 
 
 
 1. 胴をのせ、基膝を前より差込む 2. 首をのせ、銓に差す 3. 両腕を差込み、栓を差す

 
 
 



 
 



                                                                                                                                                                                                                   
 4. 背板を蓋して栓を差す
※背板下と胴を紐で結ぶ
5. 木綿襦袢を着せ、更に綿入下着を着せ、十分にに背筋を揃える
※衣を着せるごとに紐で結ぶ
           6. 白綸子小袖を着せて蓋
            綸子
帯を結ぶ



 



 



 

 7. 左右の手首を差込む
8. 紫衣を着せ、紫衣につけてある紐を結ぶ。更に藍色細紐を結ぶ結び大きく前に垂らす
※紫衣の中の紐を結ぶ
  8.補足           
   帯の結びの完成像   
 

 


 

 

9. 左の袖口を少し間へ折り、手首を出しておく

10. 白地重襽袈裟をかけ、左手に
手巾をかける 
※手巾は11の左手首を参照
        11. 左手に数珠をかける 


 
 





12. 右手に拂子の房を紙でいて
指の間を通して、
拂子毛の先を紙
で巻い
て、少し通しておく
拂子毛先を紐で結び通す
13. 頭巾立を後頭部に立て、帽子をかぶせる



サブページ (1): 飾り付け