白楽天山紹介‎ > ‎飾り付け‎ > ‎

白楽天着付


 



 




 1. 白楽天の胴串を基に立てる
        2. 左右の足を下より胴に差し
   込み栓を差して胴を胴串に
   のせる

              3. 御首を首続真木を添え
     て胴にのせ、栓を差し、
     更に真木裏側へ突通っ
     たこの栓に栓を差込む




 
 


4. 両腕を胴に差込み
を差込む
 5. 背を蓋して栓を差す
※背中を蓋することを忘れないこと
※背板下と胴を紐で結ぶ
 6. 木綿肌着襦袢を着せ、更
着せ、十分に背筋を揃える  
  ※各衣を紐で結ぶ          
 
 
 

     7. 重地唐衣の小袖を着せ、
       帯を締める 

7. 補足
    帯の結びの完成像
8. 一旦胴串を基より抜きて、げ、八重地紋差貫を下より穿
袖口の紐を絞って両足に
十分固結びつける     

  


9. 次に白唐地狩衣に着せ、小袖の
 襟は背に合わせて一杯出し、首の
 左横で結
びつけ、肩を少しばかり
 げること
10. 上帯を前で結び、懐を少々
  たるませて垂らし、上帯の結
  び目を見せぬこと
      11. 次に手の首を腕に差継ぎ
             て、栓を差す










 12. 重鍍金鰭を左右より後頭部に
   つけて小栓を上より差込む
   ※栓は一つ
 13. 戸帳を張りたる後笏を持たせ、    紐を手に結ぶ
   ※後笏は、笏下に紙を挟み込み、    紐で引っ張りながら持ち上げる
             14. 白楽天着付けの完成像        

Comments